飛鳥時代

飛鳥時代の年表

飛鳥時代の年表です。飛鳥時代とは西暦592年から710年までの118年間にかけて飛鳥に宮・都が置かれていた時代を指す。草創期は古墳時代の終末期と重なる。

西暦主な出来事
588年 飛鳥寺の造営が始まる
592年 蘇我馬子、崇峻天皇を殺害する
593年 聖徳太子、推古天皇の摂政となる
594年 仏教(三宝)興隆の詔(みことのり)が出される
600年 阿毎多利思比孤(アマ・タリシヒコ)が隋に遣使される
※この時の遣使は、国書を持っておらず、隋から相手にされなかった為、日本側の歴史には残っていない
603年 聖徳太子によって、冠位十二階が制定される
604年 聖徳太子によって、憲法十七条が制定される
607年 小野妹子を隋に派遣する
622年 聖徳太子が亡くなる
630年 最初の遣唐使が派遣される
631年 百済王子豊璋(ほうしょう)が人質として日本へ渡来する
638年 山背大兄王、斑鳩(いかるが)に法隆寺を建てる
639年 百済大寺の建立が始まる
643年 蘇我入鹿、山背大兄王と一族を滅ぼす
645年 中大兄皇子、中臣鎌足らと共に蘇我入鹿を討ち、蘇我本宗家を滅ぼす(乙巳の変)
646年 改新の詔が発布される
649年 右大臣蘇我倉山田石川麻呂(くらやまだのいしかわまろ)が謀反の疑いを受け、自害する
652年 最初の班田収授法が施工される
658年 有馬皇子、謀反の計画が暴露され処刑される
663年 白村江の戦いで、唐・新羅連合軍の前に、大和軍が大敗する
668年 近江令が制定される
670年 法隆寺が炎上する
671年 大海人皇子、出家し隠居する
天智天皇が崩御
672年 壬申の乱が勃発、大海人皇子が大友皇子に勝利する
673年 大海人皇子が、天武天皇として即位する
679年 天武天皇、吉野で皇子、皇后と共に盟約を交わす
681年 草壁皇子立太子
684年 八色の姓(やくさのかばね)を制定する
686年 9月、天武天皇が崩御
10月、大津皇子が謀反の疑いを掛けられ自害する(大津皇子の変)
689年 4月、草壁皇子が亡くなる
6月、飛鳥浄御原令が施行される
690年 持統天皇が即位
694年 藤原京へ遷都
697年 持統天皇、草壁皇子の子の軽皇子(かるのみこ)へ譲位する
700年 日本初の火葬が行われる
701年 大宝律令が完成する
708年 和同開珎(わどうかいちん)が発行される
710年 平城京へ遷都

↑ページTOPへ