乙巳の変と大化の改新

乙巳の変と大化の改新

なぜ、これらの政変が起こったのか

乙巳の変とは、西暦645年に中大兄皇子と中臣鎌足らが宮中で蘇我入鹿暗殺して蘇我氏(蘇我本宗家)を滅ぼした飛鳥時代の政変。
聖徳太子が理想とした天皇を中心とした中央集権国家を目指す中大兄皇子と中臣鎌足は、蘇我氏を打倒する為、非常手段に訴えた。
その後、中大兄皇子は体制を刷新して大化の改新と呼ばれる改革を断行した。

台頭する蘇我氏

聖徳太子の死後、仏教の布教を通じ蘇我氏の勢いは増していった。
しかし、その一方で、蘇我氏を倒し、聖徳太子が理想とした天皇中心の政治を実現しようとする動きも強まっていく。

政敵を滅ぼし、蘇我氏は専制を目指す

第32代 崇峻天皇を擁立した後に殺害した蘇我馬子が626年に没した。
その2年後に第33代 推古天皇が次期天皇を指名せずに崩御してしまう。
馬子の子である蘇我蝦夷(えみし)は、聖徳太子の子である山背大兄王(やましろのおおえのおう)を推す一派を押させて、田村皇子(後の34代舒明天皇)を擁立する事に成功、父にも勝る実権を握る事になる。
そして、蝦夷の子である蘇我入鹿は、643年、山背大兄王に謀反の罪をかぶせ、自殺に追い込んだのだ。

蘇我氏を滅ぼした「乙巳の変」

こうした蘇我氏による独裁的な政治体制の中、大陸の唐に留学していた人々から、さらに新しい見聞がもたらされた。
やがて政界の一部に、豪族の世襲制と私地私民性を廃し、天皇を中心とする唐のような官僚制的中央集権国家を形成しようとする動きが起きてきた。

宮中で、白昼堂々と入鹿を殺害

645年、唐からの帰国僧・南淵請安(みなみぶちのしょうあん)に師事していた中臣鎌足は、舒明天皇と皇極天皇の子の中大兄皇子を味方に付け、宮中で入鹿を謀殺、さらに翌日には蝦夷を自害に追い込んだ。
蘇我本家が滅んだこのクーデーターが、「乙巳の変」である。

天皇中心の国造り「大化の改新」

乙巳の変の後、皇極天皇は退位し、その弟で中大兄皇子の叔父にあたる孝徳天皇が即位、中大兄皇子は皇太子となった。
一部の豪族だけが成り得た大臣と大連は廃止され、鎌足は天皇の補佐役である内臣(うちつおみ)に就任した。
政治改革「大化の改新」の始まりである。

様々な政治改革を断行

645年末には、100年もの間、都が置かれていた飛鳥を離れ、難波(現在の大阪)へ遷都する。
このため、地縁の強い豪族の力が削がれる結果となった。
翌646年、中大兄皇子は「改新の詔」を発布した。
人民や土地は全て、国家である朝廷のものであるとした公地公民制を執り、それまでの体制を根本から覆そうとした改革宣言である。
その他にも、班田収授法統一的税制の実施などを宣言したといわれる。
なお、宣言した後、現実に実行されたかどうかは、不明である。


↑ページTOPへ