平成時代

平成時代について

このページは準備中です

昭和の後。今上天皇在位中の1989年(平成元年)1月8日から現在に至る。
2001年(平成13年)の始まりには西暦における20世紀から21世紀への世紀の転換もあった。
2019年(平成31年)4月30日に今上天皇退位により終了する予定であり、予定通り終了した場合、30年113日間(=11,070日間)にわたることとなる。
なお、日本の元号では昭和(64年)、明治(45年)、応永(35年)に次いで4番目の長さである(5番目は延暦の25年)。
西暦2018年は平成30年に当たる。

主な出来事

1989年 平成改元
消費税開始(3%)
1990年
1991年 バブル経済崩壊
1992年
1993年 Jリーグ開幕
1994年
1995年 阪神淡路大震災
地下鉄サリン事件
1996年
1997年 消費税が5%となる
1998年 長野オリンピック
1999年 東海村JOC臨界事故
2000年 三宅島噴火
2001年 USJ開業
2002年 日朝平壌宣言
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年 リーマンショック
2009年
2010年
2011年 東日本大震災
2012年 東京スカイツリー開業
2013年
2014年 消費税が8%となる
2015年
2016年 熊本地震
2017年
2018年 米朝首脳会談で拉致事件解決への道が開ける
2019年

Copyright since 2016 歴史まとめ.net