縄文時代

縄文時代

日本列島の誕生

氷河期が終わり、気候の温暖化により海面が上昇し、日本列島が出来たのが、およそ一万年前の事である。
動植物などの自然環境が、大きく変化した頃に、日本では縄文文化始まったといわれる。
縄文時代は約一万二千年前から一万年もの長い間続いたとされているが、正確な数字はまだよく分かっていない。

土器、弓矢の誕生

縄文文化は縄文土器の出現と共に始まった。
日本の縄文土器は、世界的に見ても、極めて古い土器である。
そして、その形に応じて、六つの時期に区分されている。
六つの時期の中でも、特に中期の土器が最も芸術的で、装飾鮮やかな土器が作られた時代である。
そのため、中期の土器には、呪術的な意味が込められていたと考えられているのだ。

土器によって、食生活が変わった

土器の登場によって、食料の煮炊きや、木の実などのアク抜きが可能となり、食材をあらかじめ加工する事により、人間が食べられるものが格段に増えたのだ。
また、密閉などの工夫も可能になり、食料の保存が出来るようになったため、人々の生活環境は大きく豊かになっていった。

年代別の縄文土器

紀元前12000頃〜(草創期) タイプ:丸底深鉢

特徴:豆粒文、貝殻で付けた爪型文、緑の粘土に紐を貼り付けた隆起線文などの単純な文様が付けられている土器。
長崎県の泉福寺洞窟から出土した豆粒文土器は世界最古の土器

紀元前7000頃〜(早期) タイプ:尖底深鉢

特徴:刻みを付けた棒や糸を巻き付けた棒を転がして土器全体に文様を付ける。
使用する際は、底の尖った先を地面に刺して安定させる。

紀元前4000頃〜(前期) タイプ:平底深鉢

特徴:安定して置ける平底土器が一般化した。表文の模様も複雑になっており、円錐型以外にも、円筒型の深鉢や浅鉢、台が付いた土器なども作られた。

紀元前3000頃〜(中期) タイプ:深鉢平底

特徴:円筒と円錐を組み合わせた、より形が複雑になった土器。炎を模したような形の土器も見つかっている。
文様も渦巻文などの芸術的なものが付加され、注口の付いた土器まで作られた。

紀元前2000頃〜(後期) タイプ:多種多様

特徴:注口や持ち手、蓋などが付いており、より実用的な土器が多様化して作られた。
一度付けた文様を磨いて消す磨消縄文(すりけし)などの装飾技術が発達した。

紀元前1000頃〜(晩期) タイプ:多種多様

特徴:煮炊きや貯蔵用の土器から、香炉などの、より多様な形や大きさの土器が作られた。
東日本で特に芸術性の高い小型の土器が見つかっている。繊細で洗練された文様が刻まれている。


↑ページTOPへ