弥生時代

弥生時代のまとめ

弥生時代

稲作の伝来

紀元前500〜600年頃、九州北部に住む人々が、大陸より伝来した稲作を手掛け、弥生式土器や金属器を使い始めた。
これが弥生文化の始まりであり、瀬戸内海を東に向かって普及拡大していき、近畿一帯にまで伝播したのである。
三世紀ごろには濃尾平野を経て、静岡の登呂遺跡にまで、稲作が到達している。
しかし、関東まで稲作が到達したあたりから、稲作の普及があまり進まなくなるのである。
東日本では、無理に稲作を行わなくても、食料的に生活に困らない環境にあった為と考えらえる。

弥生時代の農耕の様子(佐賀県吉野ケ里遺跡)

弥生時代の農耕の様子(佐賀県吉野ケ里遺跡)

農具と灌漑の発達

弥生時代の中期ごろまでは木製の鍬(くわ)や鋤(すき)、石製のの鎌や包丁などの農具が使われていたが、後期には鉄製農具へと変わり、それに伴って収穫量も増大していく。
また、弥生時代前期の水田は自然の低湿地を利用する湿田だったが、弥生中〜後期には、人工的な灌漑施設を用いた乾田が増え、より生産性が高まった。

弥生時代の農耕器具(佐賀県吉野ケ里遺跡)

弥生時代の農耕器具(佐賀県吉野ケ里遺跡)

弥生時代の農耕器具(佐賀県吉野ケ里遺跡)

弥生時代の農耕器具(佐賀県吉野ケ里遺跡)

稲作の起源地と伝来ルート

現在(2016/12)、稲作の起源地は、中国雲南(うんなん)地方、インドアッサム地方と考えられている。
その後、長江下流域まで伝播し、山東半島(中国華東地区)から朝鮮半島を経て日本に伝わったとする説が有力である。
しかし、稲作伝来ルートに関しては、正確な事は分かっておらず、以下の諸説がある。

  • 山東半島から遼東半島(中国東北部)を経由して朝鮮半島に伝わったとする説
  • 長江下流域から直接日本へ伝わったとする説
  • 南西諸島を経て伝わったとする説

なお、日本の稲は主にジャポニカ米インディカ米の二種類がある。
近年の遺伝子考古学によると、インディカ米は朝鮮半島には存在しない事が明らかになっており、長江下流域からの直接ルートが最も早かったとする意見もある。

石器から金属器へ

鉄器の普及で、農具と武器が発展する

弥生時代前期、刃物として石器が使われ、中期には朝鮮半島から鉄がもたらされ、鉄器の生産が始まった。
後期には鉄器が全国的に普及し、石器は殆ど使われなくなっていった。
さらに、鉄器は工具から農具へと変化する事で、農耕にに飛躍的な発展をもたらすが、同時に武器としての使用を始まっていく。
結果、鉄製の武器が戦争の道具となり、後の王権の成立に大きな役割を果たす事となる。

儀礼・宗教の道具として普及した青銅器

青銅器も鉄器とほぼ同時期に日本に伝わっており、朝鮮半島から渡来した工人たちによって国内での青銅器鋳造も始められる事になる。
当初、青銅も武器として使われていたが、後期にはもっと丈夫な鉄製の武器が普及した為、青銅は祭器や権力の象徴として発達する。
宗教目的に用いられるようになった青銅器は、武器として使われていた事より大型となり、実戦では使えないサイズの銅剣や銅矛、より巨大な銅鐸(どうたく)や、青銅製祭器が製造されるようになった。
なお、現在発掘されている青銅器は、日本各地によって特徴が異なっており、同時の西日本には、それぞれの青銅器を共通祭器とする、異なる文化圏が形成されたいと考えられる。

環濠集落と支配階層

弥生時代の人々が生活していた住居は縄文時代からほとんど変わってはいなかった
しかし、縄文時代には見られなかった特徴として環濠集落が挙げられる。
これは住居群を、外敵から守るための深い濠と冊で囲んだ集落の事で、そのルーツは朝鮮半島などから渡来したと思われる。
環濠集落が作られた理由は、農耕が発達するに伴って、村の中では貧富の差が生じ、次第に人々を指導する有力者が台頭してきた為、その拠点として発展していったのだ。

弥生時代の集落の様子(佐賀県吉野ケ里遺跡)

弥生時代の集落の様子(佐賀県吉野ケ里遺跡)

環濠と土塁、城柵(佐賀県吉野ケ里遺跡)

環濠と土塁、城柵(佐賀県吉野ケ里遺跡)

後期の環濠集落

現在の佐賀県にある吉野ケ里遺跡は環濠集落の代表格であり、弥生時代の中期から後期にかけて栄えた国の一つであると考えられている。
後期の集落には、堀の内側にさらに堀があり、その場所な内郭と呼ばれており、物見櫓などの大きな建物が建てられていたのだ。
農作業は、集落毎に共同で行っており、それをまとめる強力な指導者がいたと考えられており、そこから集落内に階級、権力者と民という分離構造が出来上がっていったのである。

竪穴式住居外部(佐賀県吉野ケ里遺跡)

竪穴式住居外部(佐賀県吉野ケ里遺跡)

竪穴式住居内部(佐賀県吉野ケ里遺跡)

竪穴式住居内部(佐賀県吉野ケ里遺跡)

小国の分立と戦争

吉野ケ里遺跡のような集落は、九州北部や近畿地方を中心に点在していた。
防御設備が施されていたのは、外敵に対して備えていた為であり、各地の遺跡から発掘された弥生時代の人骨には、明らかに人為的に傷つけられたと思われるものが多く見つかっている。
これは、集落間において激しい争いが行われていたという証拠である。

長い戦争の歴史の始まり

個人同士での諍いによる争い程度であれば、縄文時代以前にもあったであろう。
しかし、武装した集団同士が争う戦争が始まったのは弥生時代からである。
なぜ、弥生時代から戦争が行われるようになったかというと、農業が盛んになり、食料が豊かになる事で領土という概念が生まれ、そして領土の奪い合いが始まったのだ。

戦争の火種は沢山あった

人口が増えすぎた事で、より豊かな土地を求めたり、天災などによる飢饉から、自分たちの領土からの食糧では不足した為など、様々な理由から戦が行われたのである。
また、過剰に取れた作物は、高床式倉庫などに保管していたのだが、こういった食料財産も争いの原因となったと考えられる。
なお、当時の中国の歴史書である「後漢書 東夷伝」には、当時の倭国(日本の事)を「大いに乱れ」と記されている為、やはり争いが絶えなかったのである。

弥生時代の甲冑復元予想(佐賀県吉野ケ里遺跡)

弥生時代の甲冑復元予想(佐賀県吉野ケ里遺跡)

邪馬台国について

女王 卑弥呼

その頃の中国では「後漢」が滅び魏(ぎ)・呉(ご)・蜀(しょく)の三国時代となっていた。そして、当時の歴史書である「魏志」に当時の日本のようすが記されている。
魏志倭人伝」によると、当時の倭国の争いは邪馬台国を中心に30国程の小国連合が成立する事で収束した。そして、その連合の頂点には女王卑弥呼が居いたという。
卑弥呼は「鬼道を事とし、よく衆を惑わす」と記され、不思議な力の事を持っていたとの事である。※「鬼道」とは神様の言葉を聞く事が出来る「シャーマニズム」などと呼ばれるもの。
国の政務は卑弥呼の弟が行っていいたようで、卑弥呼がどこまで政務に関わっていたかは不明である。

狗奴国との争いと卑弥呼の死

邪馬台国は南に位置する狗奴国(くなこく)と争っていた。247年に卑弥呼は魏の支配地域であった朝鮮半島の帯方郡(たいほうぐん)に使いを送り事情を報告している。
その翌年、卑弥呼が亡くなったため、代わりに男の王が即位しているが、国は乱れてしまった

二人目の女王

そこで壱与(いよorとよ)と呼ばれる少女が王に即位すると争いは治まり、国は平和になったという。
卑弥呼の死の原因はよく分かっておらず、自然死であったという説から、狗奴国との争いに敗れてしまい、その責任を取るために殺害されたなどの説があるが、どれも定説となってはいない。

皆既日食と邪馬台国

近年の科学調査では、西暦248年9月5日に九州北部で皆既日食があった事が確認されている。
日本に関わらず、世界各地の古代文明では太陽の光が生命の源であると理解している事が多かった。
もしかしたら、皆既日食を見た邪馬台国の人々は、これを卑弥呼の鬼道の力が衰えたと考えたのかもしれない。
なお、邪馬台国の所在地に関しては、近畿説と九州説があるが、これも現在不明である。

弥生時代の人物

卑弥呼

卑弥呼

卑弥呼は弥生時代後期の邪馬台国の女王である。
当時の倭国を治めていた。
卑弥呼に関する記録は中国の歴史書にのみ記述されている。

http://rekishi-memo.net/yayoijidai/himiko.html


徐福

徐福は、中国の秦朝(紀元前3世紀頃)の人物。
斉国の琅邪郡(現・山東省臨沂市周辺)の出身。
始皇帝の命を受け、多くの若い男女と技術者を従え、五穀の種を持って、東方に船出し、平原広沢の地を得て、王となり戻らなかったとされる。
徐福は日本を訪れており、大陸の沢山の先進技術を伝え、日本の発展に大きく貢献した。

http://rekishi-memo.net/yayoijidai/jofuku.html


↑ページTOPへ