中大兄皇子(天智天皇)

蘇我氏を滅ぼした中大兄皇子(天智天皇)

天智天皇

「大化の改新」を行った人物

中大兄皇子(なかのおおえのおうじ:626〜671年)は飛鳥時代の日本の皇子で、舒明天皇(じょめいてんのう)の皇子であり、母は皇極天皇(こうぎょくてんのう)である。後の第38第天皇である天智天皇(てんじてんのう)の名でも知られる。
蘇我入鹿を「乙巳の変(いっしのへん)」で暗殺した後、「大化の改新」を行った人物で、朝鮮半島の百済再興に協力を行ったり、白村江で大国である唐とも戦った。

乙巳の変と大化の改新

聖徳太子の死後、蘇我氏を抑えられる者がいなくなってしまい、蘇我蝦夷(そがのえみし)と蘇我入鹿(そがのいるか)親子の権勢と専横ぶりは、天皇家すらも凌ぐ程であった。
そこで、中大兄皇子と豪族の中臣鎌足(なかとみのかまたり:後の藤原鎌足)の二人がクーデーターによる政権の中枢奪取を画策した。そして645年に宮中において、皇極天皇の御前で入鹿を誅殺、その後、入鹿の父である蝦夷も自害した為、蘇我氏を滅ぼしたのだ。この出来事を「乙巳の変」という。
変後、皇極天皇の弟である軽皇子が孝徳天皇として即位、中大兄皇子は皇太子となった。さらに孝徳天皇が崩御した後、再び皇極太上天皇が斉明天皇(さいめいてんのう)として即位した。この時も中大兄皇子は皇太子のままであった。

668年に天智天皇となり、近江大津宮に遷都

中大兄皇子が天智天皇として即位したは668年である。その前年の667年に近江大津宮(おうみおおつのみや)に遷都(都を移す)した後に即位したのだ。
※近江には琵琶湖がある。琵琶湖を経由する事で、日本海を渡り、大陸への行き来を早める事が出来るため、近江に遷都したと云われる。
また、中大兄皇子は皇太子時代に沢山の政敵や皇位継承者を誅殺したと云われる。誅殺された人物として政争を避けて出家していた古人大兄王や、蘇我倉山田石川麻呂や有間皇子などの人物が挙げらえる。

唐の制度を参考に国造り

天皇に即位後は律令国家づくりに邁進する事となる。日本最古の戸籍と云われる「庚午年籍(こうこねんじゃく)」を作成し、人民支配の基礎固めを行った。
さらに役人たちの時間管理の為、日本初の水時計である「漏刻(ろうこく)」も作成した。
水が溜まる速さで時間を計り、その時間に合わせ鐘を鳴らす。そうする事で、鐘の音を使い人々に時刻を知らせる事が出来るようになったのである。
こういった制度は中国の唐の制度を手本に造られたと云われる。
しかし、これらの功績を天智天皇が残したのは紛れもない事実ではあるが、自分の進路を妨げるものは容赦なく排除した苛烈な人物でもあったと云われる。

「改新の詔」四カ条

公地公民制

土地と人民は全て国家の支配下にある。
※墾田永年私財法の施行により廃される事となる(公地公民制は現在でいうところの社会主義に似ている。)

中央集権体制

地方行政の単位を定め、軍事や交通などを整備する。
※現在でいうところの県や市などの設置

班田制

戸籍と計帳を作成し、班田収授法を定める。
貴族や人民に対し田が配られる。田を配られた人が亡くなった場合、田は国家へ返される。

新税制

統一的な税制度を定めて、一定基準で税を割り当てる。



↑ページTOPへ