奈良時代の年表

奈良時代の年表

西暦主な出来事
712年 太安万侶(おおのやすまろ)により「古事記」が撰上される
718年 藤原不比等らにより「養老律令」が編纂される
721年 舎人親王(とねりしんのう)により「日本書記」が撰上される
723年 三世一身法が制定される
727年 渤海使(ぼっかいし:当時の満州・朝鮮半島にある国家からの使い)が初来日する
729年 2月、長屋王が謀反の嫌疑を受け自害する(長屋王の変)
8月、光明子、立后される
734年 遣唐使の井真成、長安で没す
740年 藤原博嗣の乱が勃発
12月、聖武天皇、恭仁京の建設を開始する
741年 国分寺建立の詔が発布
743年 大仏造立の詔が発布
752年 東大寺大仏の開眼供養が行われる
753年 日本の依頼を受け、唐より鑑真が来日する
757年 橘奈良麻呂の変が勃発
758年 孝謙天皇が譲位し、淳仁天皇が即位する
藤原仲麻呂、「恵美押勝」の名を賜る
764年 9月、恵美押勝の乱が勃発
10月、淳仁天皇を廃して淡路に配流し、孝謙上皇が重祚して称徳天皇となる
769年 宇佐八幡宮神託事件が起こり、和気清麻呂(わけのきよまろ)が大隅国に流される
770年 称徳天皇が崩御し、道鏡が下野薬師寺別当に左遷される
781年 桓武天皇が即位する
784年 長岡京へ遷都
785年 長岡京建設の責任者であった藤原種継が暗殺され、桓武天皇弟早良親王が流罪となる
788年 最澄が比叡山に延暦寺を建立する
794年 平安京へ遷都
797年 坂上田村麻呂が征夷大将軍に任命される

↑ページTOPへ