北条政子

幕府を支えた尼将軍 北条政子

北条政子

頼朝に尽くす、気性の激しい女性

北条政子(1157〜1225年)は北条時政の娘であり、源頼朝の正室である。
平治の乱後、平清盛より伊豆に流刑とされたていた頼朝と出会い、夫婦となった。
鎌倉幕府の成立から発展まで頼朝に尽くした政子ではあるが、その結婚は父の時政に反対され、一時は駆け落ちまで考えるほどの恋路であったと云われる。
また、頼朝が自分以外の女性と会うなどすれば、悋気を起こしその相手の屋敷を焼き打ちしてしまうほどの気性の激しさも持ち合わせていた。
鎌倉幕府の成立後、1199年に頼朝が亡くなってからは、弟である義時と共に将軍を後見して幕政を担う事となる。

頼朝亡きあとの鎌倉幕府を支える

政子は頼朝の死後、頼朝に対する思いを幕政に向ける事となる。
父や弟と共に幕府を取り仕切る事となるが、なんと我が子である2代将軍・源頼家を廃したり、有力御家人の誅殺など、目的達成の為なら手段を択ばぬ非情さも見せるようになった。
そして、3代将軍である源実朝(さねとも)が暗殺されてしまった後は、摂関家より幼少の将軍を迎え、後見人となる事で北条氏の権力基盤維持に貢献した。

後鳥羽上皇との戦いでの名演説

1221年、京都・朝廷の後鳥羽上皇が鎌倉幕府を打倒する事を決意する。
これにより朝廷は、幕府執権の北条義時追討の院宣を諸国の武士に対し発布したのだ。政子と鎌倉幕府はこれにより天皇と敵対する「朝敵」となってしまう。この当時、朝廷に対する武士たちの畏怖心や権威が非常に強く、朝廷に恐れをなして後鳥羽上皇に付く武士が沢山出ても仕方のない状況だったのが。
しかし、政子は臆せず頼朝の妻として、亡き頼朝に代わり武士たちに対して演説を行った。
幕府が出来る前までは東国の武士たちの生活はとても貧しかったのだ。頼朝が鎌倉に幕府を創設する事で「新恩給与(しんおんきゅうよ)」や「官位推挙」(かんいすいきょ)」などの新たな仕来りが出来ることで武士たちの生活は豊かになった。その頼朝への恩を思い起こさせることを説き、武士団の結束を固めることに成功したのだ。そして、鎌倉幕府は朝廷に勝利した。

承久の乱後、後鳥羽上皇は配流

政子の演説後、幕府軍は大軍となり京都に登り、上皇方の軍を撃破し危機を回避した。
この乱後、後鳥羽上皇らは流刑となり、上皇に加担したもの達は所領を没収される事となる。
そして、幕府は六波羅探題を設置する事で、朝廷の監視を行う事となる。



↑ページTOPへ