源九郎義経

数多の伝説を残した悲劇の武士 源九郎義経

源九朗義経

数多の伝説を残した悲劇の武士 源九郎義経

源義経(1159〜1189)は鎌倉幕府の初代将軍である源頼朝の異母弟である。治承・寿永の乱(源平争乱)において頼朝と共に参戦し「一の谷の戦い」や「壇ノ浦の戦い」で源氏軍を勝利に導いた稀代の戦術家として知られる。争乱の後、兄の頼朝と対立してしまい奥州藤原氏の平泉へと逃走を計るが、藤原泰衡(ふじわらのやすひら)の裏切りにより、30歳という若さで自害に追い詰められてしまった。
父は平治の乱で平清盛に敗れた源義朝(みなもとのよしとも)であり、近衛天皇の中宮・九条院(藤原呈子)の雑仕女であったといわれる常盤御前(ときわごぜん)である。

常勝将軍と呼ばれた天才戦術家

義経が兄・頼朝と再会を果たしのは頼朝が平家討伐に挙兵の報を聞き、義経が戦場に馳せ参じたのが初めである。義経が戦で活躍した期間はわずか2年と短いが、それでも「常勝将軍」と呼ばれる程の輝かしい武功を挙げた。
源平争乱の中でも特に重要な戦いに義経は必ず参戦しているのだ。1184年3月20日に摂津国福原および須磨(現在の兵庫県神戸市須磨区)で行われた戦いでは、岸から馬で駆け降りる奇襲作戦という危険な戦い方で見事勝利を収め、続く「屋島の戦い」では嵐の海の上を船で渡海して平家軍の意表を突く作戦で戦った(現在の香川県高松市)。
そして、平家討伐の最後の戦いである「壇ノ浦の戦い」では水上戦を得意とする平家軍を相手に、水上戦を決して得意とはしない源氏軍を率いて見事勝利を収めた。この戦いで、追い詰められた平清盛の四男「平知盛(たいらのとももり)」が義経に特攻を掛けた際、義経が波に揺れる船と船の上を華麗に跳んだと云われる「八艘飛び」は有名である。

兄、頼朝により鎌倉入りを禁じられる

数多の武功を挙げて、源氏を勝利へと導いた義経であったが、合戦後の義経の立場は一変してしまう。
戦後、頼朝の待つ鎌倉へと帰路へ立ったが、その途中の腰越にて鎌倉へ入る事を止められてしまったのである。
なぜ義経が鎌倉へ入るのを頼朝が拒否したかは諸説ある。義経が頼朝に黙って朝廷より官位を受けてしまった事や、戦場にて自分勝手な行動が目立っていたという報告を鎌倉幕府の御家人である「梶原景時(かじわらかげとき)」が頼朝へ伝えた為などと云われる。
いずれにせよ義経は、頼朝へ許しを請うものの、受け入れられず京へ帰る事となる。

悲劇の逃避行

京へと帰り着いた義経を待っていたのは頼朝からの刺客であった。
これに激昂した義経は兄・頼朝との決別を決意し、対決する覚悟を決めた(この義経襲撃事件は、義経側の主張のみであり、当時の他の文献資料にこの記述は見られない)。
しかし、後白河法皇は頼朝へ義経討伐の宣旨を出してしまったために、奥州藤原氏の平泉へと逃避行を開始する。そして平泉にて、藤原秀衡の死後、息子の泰衡の裏切りにより自害する事なる。



↑ページTOPへ