韓国併合

日本による韓国併合

1910年8月から1945年9月の35年にかけて朝鮮半島は大日本帝国によって併合された「韓国併合」の時代を迎えた。
李氏朝鮮は国号を「大韓帝国」とし近代化を試みるが、韓国併合ニ関スル条約に基づいて大日本帝国が大韓帝国を併合した事実を指す。

日露戦争後、日本が朝鮮での利権を強める

日露戦争が始まると、日本は韓国と第一次日韓協約を締結する。
日本人顧問を韓国政府に送り、財政や外交などの発言権を得た。
日露戦争に勝利した日本は、米英ら国際社会に日本の韓国統治を認められた上で、第二次日韓協約を締結した。
当時、朝鮮半島では、中国・ロシア・日本ら外国勢力によって国内の統治が乱れていた為、韓国の外交権は実質的に日本に移っていた。
そして、日本は統監府を設置した。

当時の風刺画

ジョルジュ・ビゴーによる当時の風刺画(1887年)
日本と中国(清)が互いに釣って捕らえようとしている魚(朝鮮)をロシアも狙っている

韓国併合

日本による韓国併合は、全ての朝鮮人が納得して行われた訳ではない。
1907年、オランダで行われていた万国平和会議には朝鮮より密使が送られ、協約の無効を訴える計画も存在したが、失敗に終わる。
その後、大韓帝国皇帝高宗(ゴジョン)は退位、第三次日韓協約が結ばれる事となる。
この協約によって、韓国では内政権も日本に移っていく事となり、義兵運動と呼ばれる反攻運動も起こるが後に沈静化する。
そして、1910年、遂に韓国併合条約が結ばれた。

大韓民国臨時政府

大韓民国臨時政府は、1919年(大正8年)、海外で朝鮮の独立運動を進めていた活動家李承晩・呂運亨・金九らによって、中華民国の上海市で結成された朝鮮の独立運動組織。
日中戦争勃発後は所在地を上海から重慶に移した。
たえまない党派間の対立と連合を続けていたため、蒋介石や中国国民党が党派間の融和ために指導を行っていた。
臨時政府はポーランド亡命政府のように第二次大戦に参加しておらず、国際的な承認は得られていない。

日本の朝鮮統治は敗戦まで

朝鮮総督府による統治のもと、朝鮮は日本の統治下となる。
この後、日本朝鮮共に人々の交流が盛んとなり、多くの朝鮮人が日本へと入って行った。
この後、第二次世界大戦によって日本が敗戦を迎えるまでの36年間、朝鮮は日本によって統治された。

現代まで続く確執

この時代が現代にもたらしたモノは、現代の日韓関係で多くの問題を抱えている。
現在の韓国では、この日本統治時代によって日本から多くの物が収奪されたという主張が多い。
しかし、日本統治によって朝鮮が急速に近代化し、人口も増えた事は紛れもない事実である。

1936年のソウル

日韓併合時代中、1936年のソウル南大門通り


↑ページTOPへ