十三人の合議制

十三人の合議制

十三人の合議制は、源頼朝の死後に発足した鎌倉幕府の集団指導体制。
若年の新将軍・源頼家の専制を抑えるための制度といわれる。

頼家と十三人の合議制

鎌倉幕府の合議制度

13人の御家人は、文官として大江広元(政所別当)、三善康信(問注所執事)、中原親能(幕府外交官・広元の兄)、二階堂行政(頼朝時代の側近)の4人、頼朝以来の武将として北条時政(頼家の外祖父)、北条義時(時政の次男)、三浦義澄(頼朝挙兵以来の忠臣)、和田義盛(侍所の別当)、比企能員(頼家の妻・若狭局の父)、梶原景時(侍所の所司)、八田知家(下野の豪族)、安達盛長(頼朝時代からの忠臣)、足立遠元(武蔵の豪族)の幕府の有力者9人であった。
1225年(嘉禄元年)に設置された評定衆の原型とされる。

頼朝の死後、未熟な将軍が誕生

1199年(建久10)正月13日に源頼朝が急逝すると、嫡子の頼家は20日にわずか18歳で左中将に任じられる。
26日には朝廷から諸国守護の宣旨が下り、第二代鎌倉殿として頼朝の地位を継承した。

頼家の独裁を制限

頼家は大江広元らの補佐を受けて政務を行うが、頼朝の死からわずか3ヶ月後の4月12日に頼家が訴訟を直接に裁断することが禁じられる。
頼家の活動を制限し、有力者13人の合議による幕政を開始した。
十三人の合議制と呼ばれるものがこれである。

頼家にも特権があった

ただし頼家も十三人の合議制に反発しており、頼家が指名した5人の近習は目通りが許されることとなった。
比企宗員、比企時員、小笠原長経、中野能成らが鎌倉で狼藉を働いても訴えてはならないという特権が与えられている。

指導者の権威・象徴化

名目上は若い頼家を補佐する為であったが、実際は頼家から独裁権を取り上げる目的であったといわれる。
もはや頼家は幕府の最高権力者とはいえず、旗印として担がれる存在に過ぎなくなっていった。

源氏から北条氏へと実権が移っていく

合議の中心に位置したのは、頼家の母の北条政子の実家北条氏であった。
これ以後、北条氏の台頭は急速に顕著になっていく。

13人全員が揃うわけではない

なお、この合議制は13人全員で合議される事はなかった。
数名の評議の結果を参考に頼家が最終的判断を下す政治制度ともいえ、完全には頼家の権限を抑え切れてはいなかった。

あっさり崩壊してしまう

1199年(正治元年)に梶原景時が失脚、1200年(正治2)に安達盛長と三浦義澄が病死したことで合議制は解体してしまう。
頼家政権も権力抗争の果てに崩壊することになる。

十三人の一覧

大江広元公文所別当 → 政所別当
三善康信問注所執事
中原親能公文所寄人 → 政所公事奉行人、京都守護
二階堂行政政所令別当 → 政所執事
梶原景時侍所所司 → 侍所別当、播磨・美作守護1199年(正治元年)失脚(梶原景時の変)
足立遠元公文所寄人
安達盛長三河守護正治2年(1200年)病死
八田知家常陸守護
比企能員信濃・上野守護1203年(建仁3)謀殺(比企能員の変)
北条時政伊豆・駿河・遠江守護1205年(元久2)追放(牧氏事件)
北条義時寝所警護衆(家子)
三浦義澄相模守護1200年(正治2)病死
和田義盛侍所別当1213年(建暦3)滅亡(和田合戦)

↑ページTOPへ