平安時代

平安時代の年表

平安時代の年表です。平安時代とは西暦794年から1185年までの391年間にかけて平安京において主に政治が行われていた時代を指す。この時代以降、都は変わらないが政治の中心地は時代ごとに変化していく。

西暦主な出来事
794年 平安京へ遷都
797年 坂上田村麻呂が征夷大将軍に任命される
802年 坂上田村麻呂が胆沢城(いさわじょう)を築城する
803年 田村麻呂が志波城を築城する
805年 最澄が帰国し、翌年、天台宗を開く
806年 空海が帰国し、真言宗を開く
810年 薬子の変が起こる
819年 空海が高野山に金剛峯寺を建立する
820年 藤原冬嗣ら、弘仁格式(こうにんきゃく)を編纂する
838年 最後の遣唐使が派遣される
842年 承和の変が起こり、藤原良房が橘逸勢(たちばなのはやなり)、伴健峯(とものこわみね)らを謀反の疑いで流罪とする
848年 唐留学中に廃仏に直面した円仁(えんにん)が帰国する
857年 藤原良房が太政大臣に就任
858年 藤原良房が事実上の摂政となる
866年 応天門の変が勃発
応天門が炎上し、伴善男が流罪となる
876年 清和天皇が譲位し、陽成天皇が即位する
884年 藤原基経(もとつね)が陽成天皇を廃位し、光孝天皇(こうこうてんのう)が即位する
887年 光孝天皇が崩御し、宇多天皇が即位する
藤原基経が初の関白となる
889年 高望王(平高望(たいらのたかもち))が平姓を賜る(桓武平氏)
894年 菅原道真の建議により、遣唐使が廃止される
901年 菅原道真が、藤原時平によって太宰府へ左遷される
905年 紀友則(きのとものり)、紀貫之(きのつらゆき)、凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)、壬生忠岑(みぶのただみね)の4人によって「古今和歌集」が撰進する
927年 藤原忠平らが、延喜式を選進する
935年 紀貫之が「土佐日記」を著す
938年 空也、都で念仏を説く
939年 平将門が常陸、下野、上野、の国府を襲い、新皇を称す
940年 平将門が平貞盛(さだもり)と藤原秀郷(ひでさと)によって討たれる
941年 藤原純友が小野好古(おのよしふる)らによって討たれる
969年 源満仲(みつなか)の讒言により、左大臣の源高明(たかあきら)が左遷される(安和の変)
高麗の使節が対馬を訪れる
藤原実頼(さねより)が摂政に就任する
970年 藤原伊尹(これただ)が摂政に就任する
972年 藤原兼道(かねみち)が関白に就任する
990年 藤原兼家(かねいえ)が関白に就任し、藤原道隆(みちたか)が摂政・関白に就任する
995年 藤原道兼(ふじわらのみちかね)が関白に就任するが、間もなく没する
藤原道長が事実上の摂政となる
996年 藤原伊周(これちか)、隆家(たかいえ)が左遷される
996年 清少納言が「枕草子」を著す
1001年 紫式部が「源氏物語」を執筆し始める
1008年 「源氏物語」の一部が流出し、1010年初め頃までにほぼ完成する
1017年 藤原頼道、摂政に就任し、藤原道長が太政大臣に就任する
1019年 4月、刀伊の入寇(といのにゅうこう:女真族(満洲民族)の一派とみられる集団を主体にした海賊が壱岐・対馬を襲い、更に筑前に侵攻した事件)
12月、藤原頼道が関白に就任する
1028年 平忠常の乱が勃発
1051年 前九年合戦が起こる(1062年まで)
1053年 平等院鳳凰堂が建立される
1060年 藤原教通(のりみち)が左大臣に就任する
1061年 藤原頼道(よりみち)が太政大臣に就任する
1068年 後三条天皇が即位する
1072年 後三条天皇が譲位し、白河天皇が即位する
1083年 後三年合戦が始まる(1087年まで)
1086年 白河天皇が譲位し、堀川天皇が即位する
白河上皇の院政が始まる
1087年 後三年合戦が終わる
1091年 源義家への荘園寄進が禁じられる
1094年 藤原伊房(これふさ)ら、遼との私貿易で処罰される
1095年 延暦寺僧徒、入京し強訴
1096年 京都で田楽が流行する
白河上皇が出家し、法皇の位に就く
1098年 源義家、院への昇殿を許される
1107年 堀川天皇が崩御し、鳥羽天皇が即位する
1121年 藤原忠道(ただみち)が関白に就任する
1123年 鳥羽天皇が譲位し、崇徳天皇が即位する
1124年 平泉中尊寺で金色堂が建立される
1128年 奥州の藤原清衡が没する
1129年 鳥羽法皇が院政を始める
1132年 平忠盛(ただもり)が昇殿を許される
1137年 興福寺僧徒が入京し強訴する
1141年 崇徳天皇が譲位し、近衛天皇が即位する
1155年 近衛天皇が崩御し、後白河天皇が即位する
1156年 保元の乱が勃発する
1158年 後白河天皇が譲位し、二条天皇が即位する
後白河上皇の院政が始まる
1159年 平治の乱が起こる
1160年 源頼朝が伊豆へ配流される
1167年 平清盛が太政大臣に就任する
1175年 法然が専修念仏を説き浄土宗を開く
1180年 源平争乱が勃発
8月、源頼朝と平氏方による石橋山の戦いが起こる
9月、木曽義仲が挙兵する
10月、源平両軍による富士川の戦いが起こる
1183年 10月、源頼朝が東国支配権を獲得する
1184年 1月、宇治川の戦い
6月、源頼朝が関東知行国(ちぎょうこく)、三カ国を獲得する
1185年 3月、壇ノ浦の戦いで平家が滅亡する
10月、源義経が頼朝追討の宣旨を得る
11月、源頼朝が義経追討の院宣を得る、諸国に守護・地頭を設置する
1189年 4月、藤原泰衡が義経を殺害する
9月、頼朝が奥州藤原氏を滅ぼし、奥州を平定する
1191年 日本における臨済宗(りんざいしゅう)の開祖、栄西(えいせい)が中国から帰国
1192年 7月、源頼朝が征夷大将軍に就任する
1199年 1月、源頼朝が落馬で亡くなり、この源頼家が家督を継承する

↑ページTOPへ